安心の構造

命を守る「基礎・構造」を徹底追及

建物を支える基礎、そして建物の骨格である構造。
とにかくどちらも頑丈にというのが「M's wood free」、モリハウス建設の信条。いざという時に命を守るための要ですから、絶対に手は抜けません。常に最新の技術を取り入れ、様々な創意工夫がなされています。

一体打ちべた基礎

安心・安全への取組(基礎・構造)「住まいの基本は基礎から」 M's wood freeは基礎に業界では先駆けて「一体打ちべた基礎」を採用しています。地震などの災害に対する安心面だけでなく、耐久面からも信頼性が一般の二度打ちの基礎より格段に向上しています。

木造軸組工法

M's wood freeの構造は木造軸組み構造です。お客様のニーズ、嗜好に応じて、エンジニアリングウッド(集成材)構造と無垢の乾燥材構造と二種類。どちらも耐震性能、省エネルギー性能、空気環境に配慮した材料を吟味した安心の構造です。

耐震金物・断熱材 ・メタルジョイント金物

皆様が住まいに求めることはさまざま。しかし、災害に対して安心できること、また省エネルギーに対する皆様の意識の高まりから、M's wood freeでは耐震性能と省エネルギー性能について独自の基準を設定しています。

上記の「基礎行程」「建て方工程」「耐震金物、断熱材」の詳細をPDFファイルでご覧いただけます。

※ファイルが重いので表示まで時間がかかる場合がございます。
※掲載されている情報は発信時点の情報であり、最新の情報と異なる場合があります。最新の情報はモリハウス建設までお問合せ下さい。

優れた構造強度のパネル「ハイベストウッド」

構造用ハイベストウッド筋交いを1本入れると、入れない場合に比べ、約2.5倍の壁倍率が取れます。パネル1枚で、それと同等の強度が取れるのがパネル工法。

さらに、パネルで建物全面を覆うことにより、部分的に筋交いを入れる従来の建物に比べ、飛躍的に強度がアップします。パネル工法のもう一つの長所は、気密も取れること。これによって、耐震強度と気密性に優れた住まいを実現します。

モリハウス建設では優れた構造強度のパネル、「ハイベストウッド」を採用。小椋建築が採用する構造用ハイベストウッドは、耐力壁として地震・台風に強く※、シロアリ・腐朽菌の抗力に優れ、透湿抵抗が低く、湿気を屋外に排出しやすい材料です。
●構造用ハイベストウッド
http://www.noda-co.jp/products/lathcut/lathcut.htm
※ハイベストウッドを使用した実物大住宅モデルで、連続5回の巨大地震波に対して、倒壊しない強固な構造躯体であることが証明されています

三重の木認証制度認定工務店

三重の木株式会社モリハウス建設は三重の木認証制度認定工務店です。 (認証番号 32602)

「三重の木」認証制度は、木材が県産材(三重県内で育成された木材)であることを証明すると共に、一定の規格基準に適合した木材製品「三重の木」を製材する工場と「三重の木」を積極的に利用する建築業者・建築事務所・地域ネットワークを認証する制度です。

三重の木利用推進協議会ホームページ

無料ご相談・資料請求
0598-52-2626
  • メールでのお問い合わせ
  • モリハウスへのアクセス

このページの先頭へ